筋トレ民必須の鶏肉料理「サラダチキン」をホットクックで自炊方法について紹介①

筋トレーニー・ダイエッターにとっての大人気の鶏肉料理「サラダチキン」。

低脂質・高タンパク質であることから、まさに体作りをするために生まれてきた食材です。

様々なコンビニにおいて陳列されており、1日に1度も見ないという日はもはや無いのではないでしょうか?

そんなサラダチキンですが、毎日買うと地味に高い、、、。

そこで本稿ではホットクックを用いてサラダチキンを簡単に作る方法について説明します。

なお、①ちょっとパサつくショートバージョンと、②しっとり美味しいロングバージョンがありまして、今回は①ショートバージョンについて説明します。
味としては少々落ちるのですが、めちゃくちゃ早く作れるので両者を併用するのがおすすめです。

サラダチキンの作り方 using ホットクック

1. 材料

鶏むね肉 300gくらい
塩 1.8g (重要!後ほど説明します)

2. 鶏肉の厚みを均等に

まず、筋トレ・ダイエットの大敵である脂肪を切ります。

次に、鶏肉を均等の厚さになるように適当に切ります。
ここで手間かけると面倒なので、適当でOKです。

3. 塩をまぶす in ビニール

鶏肉をビニール袋に入れて塩(今回は塩麹)をふりかけます。

このときの塩の量ですが、鶏肉の重さの0.6%グラムとしてください。

鶏肉100gだったら塩は0.6gということです。

「そんな量で足りるの?」と疑問が湧くかもしれませんが、今回は蒸し料理として調理します。

そのため、通常の鍋料理のように塩を入れてしまいますと、かなり塩辛くなってしまいます。

0.6%の理由はロジカルクッキングの水島シェフや勝間和代さんの書籍・ブログをご覧ください。

簡単に説明すると、人間の体内の塩分濃度が0.8パーセント前後だから、とのことです。

今回は

鶏肉 271g のため、塩の量は1.6g。

塩麹100g中に塩分13g含有のため、塩の量を1.6gは塩麹12.3gに相当。

従って、鶏肉 271g + 塩麹 12.3g = 全体 283.3g ということになります(ややオーバーしてますが笑)。

計算が面倒な方は下の式をつかってください(醤油とかも同様の方法で塩分量を計算します。)

材料(g) x 1/材料100g中の塩分量(g) x 0.6 = 塩分含有調味料 (g)
(例:鶏肉271 x 1/13 x 0.6 = 12.3g )

4. ホットクックにセットォォオォォォォオオ

こんな感じでビニールに入れたまま、ホットクックにセットします。

ビニールから取り出しても良いのですが、掃除が楽なのでこのままいきます。

蒸し板はホットクック付属の蒸し板を使っています。

蒸し時間は10分でたいてい問題ないです。

こちらが完成図です。

ご覧のように中心部までほぼほぼ火が通っています。

もし赤みがかかっていたら、鶏肉はカンピロバクターの危険性があるため、再加熱してください。

まとめ

今回はサラダチキンの作り方(①ちょっとパサつくショートバージョン)を紹介しました。

ややパサパサするのが難点ですが、仕込みから含めて20分もかからないので、小腹が空いた際にサッと作れるがの大きな魅力です。

次回は、サラダチキン(②しっとり美味しいロングバージョン)の作り方について紹介します。

 

関連記事

  1. ルンバは「家を掃除する機械」ではなく「時間を作り行動を広げてくれるもの…

  2. 俺の大根たっぷり鶏肉のオイスター煮 男飯with (by?) ホットク…

  3. チョコバナナケーキ 男飯with (by?) ホットクック

  4. さつまいもプリン 男飯with (by?) ホットクック

  5. 俺のさつまいも蒸しパン 男飯with (by?) ホットクック

  6. きんぴらごぼう 男飯with (by?) ホットクック

  7. 俺のじゃがいものみそシチュー 男飯with (by?) hotcook…

  8. ヘルシオ ホットクック 無線LAN ver 買っちゃった…料理4年位し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

アクセスの多い記事